自動車売却時の納税証明書の必要性

車検を受けるときに、よく紛失している事に気付く「納税証明書」ですが、車を売却したいと検討している時にも必要になる物だということはご存じでした?

今回は紛失しやすいけれど、実は大切な書類の一つである「自動車納税証明書」についてまとめてみました。

自動車納税証明書って何?

車を所有していると、1年に1度、4月くらいに納税を求める用紙が送られてきます。
この納付書に付いている細い半券、税金を払った時の領収証が自動車納税証明書です。

小さくペラペラなので無くしやすいけれど、車検や車売却の時にはとても大切なものに早変わりするので、無くさないように持ち帰り保管しておきましょう。

車売却時には絶対必要なの?

車を売却する際のほとんどの場合、買取り業者から自動車税の納税証明書の提出を求められます。

これは、この自動車の納税がきちんと行われているかを確認する目的で必要になる書類です。

例えば、納税を行っていない状態で車を売却し、新しいオーナーへと転売されたとしましょう。

その後、すぐに車検だった場合、自動車納税証明書が無く、納税がされていなかったらどうなるか?
この場合、新しいオーナーには全く問題が無いのに、車検を受ける事が出来ないという状態になってしまいます。

車検を受けるためには、新しくオーナーになった人が未納分の自動車税を支払わなければならないのです。

このような金銭トラブルを未然に防ぐ為、買取り業者は自動車納税証明書を必要書類にするのです。

ただし、これはあくまで買取り業者がトラブルを未然に防ぐ為に設ける予防策であり、法的に車の売却時に必ず必要と定められている書類ではありません。

法的に必要な書類とは、国に対して必要な提出書類であり、個人間の売買トラブルを未然に防ぐ事とは本質的に違ってきます。

トラブルなくスムーズなく売買を行う為に必要な書類と認識しましょう。

納税証明書の再発行手続き

自動車納税証明書の再発行は、あなたが現在住んでいる都道府県税事務所、もしくは車のナンバーを登録している管轄陸運支局内にある専用端末で再発行が可能です。

操作も「専用端末機に車の登録ナンバーを入力するだけ」という簡単な手間だけになっています。

自動車納税証明書が売却時に必要となる理由、ご理解頂けましたか?

円滑な車売却の為にも、ぜひ無くさず手元で保管しておきましょう。