中古車売却の際には印鑑証明が必要

中古車を売却する上で必ず欠かせない書類があります。

その中の一つが印鑑証明です。

しかし、印鑑証明書も軽自動車の場合は不要です。

軽自動車は車検証を登録する際、住民票とシャチハタ以外の印鑑でできるからです。

普通車の場合は印鑑証明書が必ず必要になります。

原則は3枚必要になります。

車検証の記載されてある個人が本当に本人であるか証明するために使います。

なぜ3枚なのかというと、車検証、自賠責、自動車税の3つを証明しなければならないのです。

1、車検証

  • 印鑑証明書
  • 委任状(実印を捺印した)
  • 譲渡証明書

2、自賠責

  • 承認請求書
  • 実印
  • 印鑑証明書

3、納税証明書(自動車)

  • 委任状(実印を捺印した)
  • 印鑑証明書

これらの書類以外にも住所が違う場合などは、車検証、自賠責、納税証明書に記載されている住所から現住所までのつながりを証明しなければいけません。

そう言った場合は別に住民票や戸籍の附表などが必要になります。

車の書類は結構複雑になっています。

そのため、書類の間違いは結構ベテランのディーラーでも多いです。

よくあるケースといたしましては、住所が繋がらないこと、実印を間違ってしまっていることです。

この処理が遅れると、下取り、買取は大丈夫ですが、新車の登録には影響が出てしまい、納車が遅れてしまうこともあります。

印鑑証明の有効期限は三ヶ月となっています。

この三ヶ月を過ぎてしまうと、書類としては無効になってしまい、ただの紙くずです。

期限の確認は必ずしましょう。

普通車の処理には印鑑証明は必ず必要です。

この印鑑証明がないと、絶対に手続きは進まないので、名義変更を考えている方は事前に準備が必要です。

印鑑証明書自体は印鑑と免許証があれば、即日できるので、発行に関しては難しくありません。

中古車の売買に関しては、専任担当者がいると思うので、その方の指示に従って書類を集めていただければ基本的には大丈夫です。

軽自動車の場合は、普通車より書類も少なく、手続きも簡単です。